手続きに必要な書類は事前に準備しておくことがポイント。買取には3つの方法がある。

ワケありで動かなくなったバイク、買取に出すときの手続きは?

動かなくなったバイクといっても理由はさまざま。

買取の手続きにはその理由を明確にしておくことと、必要書類の準備をしておくことがポイントになります。

故障が続いてメンテナンスに出すのが面倒になって放置、車検切れをきっかけに新しいバイクに買い替えて古いのは放置~。

また中には自賠責の更新をしないまま故障しているバイクなどいろいろあります。

動くのかどうかもわからないバイクだってあるでしょう。

そのようなバイクでも、出張買取で査定してもらえば買取可能な場合があります。

手続きに3つの方法があります。

動かなくなったバイクの買取手続きは、①ネットのバイク買取サイトを使って申込む ②買取業者に直接電話連絡をして、事情を話した上で買取に来てもらう ③近くにバイクのメンテナンス店・買取店があれば相談に行ってみる、この3点の方法があります。

バイクがある場所まで査定員が出向いてくれるうえ、査定金額に納得したら、その場で業者が引取ってくれます。

動かなくなったバイクの処分も、手続きは買取専門の業者に連絡するところからです。

そして最初の段階で“動かなくなったバイクの理由”をしっかり伝えておくことです。

査定時間がそれだけ短くなります。

また買取の手続きに必要な書類は、業者に連絡を取った時点で聞き出しておき、査定予約日の前に準備しておきましょう。

「印鑑(認印)」や「身分証明書」のほか、「標識交付証明書」、「自賠責保険証明書」などを揃えておきます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS